学校法人西南学院
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

ニュース詳細

一覧に戻る

2019.01.07

1/25(金)作家・葉室麟さん没後1年追悼トークイベントのご案内

各位

本学出身の直木賞作家、葉室麟さんをしのび、下記の通り、トークイベントを開催いたします。


「作家・葉室麟さんと歴史と旅~没後1年追悼 『曙光を旅する』刊行記念~」

日時:2019年1月25日(金) 午後6時半開始
会場:西南学院大学チャペル
   http://www.seinan-gu.ac.jp/campusmap.html
会費:無料・事前申し込み不要
   ※学生、卒業生、一般市民の方も歓迎
主催:西南学院大学


 1月25日は葉室さんの誕生日でもあります。メインゲストには、やはり本学出身で、葉室さんと親交のあった元琉球新報社社長の高嶺朝一さんを、さらに葉室さんとゆかりのあった方々もお招きし、葉室さんや作品にまつわる思い出を語っていただきます。本学関係者や学生だけでなく、葉室作品ファンの学外のみなさまも、ぜひお越しください。

 葉室さんは1951年、北九州市小倉生まれです。本学卒業後、地方紙記者を経て、歴史文学賞を受賞した『乾山晩愁』で2005年に作家デビュー。2012年に直木賞を受賞した『蜩ノ記』は映画化もされました。また、2016年には『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で司馬遼太郎賞を受賞するなど、12年間で60冊を超える小説やエッセー集を発表しました。2017年12月23日に逝去された後も次々に作品が刊行され、2018年9月には『散り椿』が映画化されて話題になりました。
 このほど刊行されたエッセー集『曙光を旅する』(朝日新聞出版)は、葉室さんが「歴史の大きな部分ではなく、小さな部分を見つめることで、日本と日本人を知りたい」という思いに突き動かされ、九州から沖縄、下関、京都を旅した歴史紀行です。その中には、本学を訪れて学生時代を回想し、構内の「元寇防塁」を見学して歴史に思いをはせる場面や、取材で沖縄を訪ねた際に高嶺さんと語り合ったエピソードも登場します。ぜひお越しください。


<お問い合わせ先>
教育・研究推進課 TEL:092-823-3604

最新ニュース情報