学校法人西南学院
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

ニュース詳細

一覧に戻る

2019.04.26

本学卒業生の豊田隼大さんが、ロービジョンフットサル日本代表に選ばれました!

 卒業生の豊田隼大さん(2018年・経済学部経済学科卒業)が、ロービジョンフットサルの日本代表に選ばれ、5月17日(金)~19日(日)にスペイン・セビリアで開催される「アンダルシア国際フットボール大会」のB2/B3クラスに出場することが決定しました!
 ロービジョンフットサルとは、視覚障がい者による5人制フットサルです。見え方の異なる選手同士がお互いに声を出し合う事で連携し、ゴールを目指します。
 フィールドプレイヤーとして、B2(矯正後の視力が0.03まで、または視野5度まで)、B3(矯正後の視力が0.1まで、または視野20度まで)の選手が出場し、ゴールキーパーは目の見える人が務めます。豊田さんはゴールキーパーとして、視覚障がい者のチームメイトを支える立場となります。
 昨年6月から日本代表の強化指定選手として活動していた豊田さんですが、今回の日本代表選出を受けて「国際大会の舞台で試合が出来ることを大変嬉しく、名誉に感じています。ゴールキーパーの私は、競技の特性として、チームの目となりチームメイトのプレーを支える必要があります。誰にも負けない気持ちで、誰にも負けない声を出し、チームを勝利へ導きたいです」と喜びや試合への意気込みを語ってくれました。
 皆さん、ぜひ応援してください!


豊田さん(前列右から二番目)


豊田さん(中央)

最新ニュース情報