植村 麻美

採用情報

UEMURA MAMI 植村 麻美 財務部 経理課

2009年4月 新卒採用

職員インタビュー写真1

職員インタビュー写真2

どう働き、どう生きるか

現在の職務内容と職場の雰囲気について教えてください

 経理課では、学院のすべての資金の管理を行っています。業務内容は、入出金の審査や現金・預金の出納、学費、奨学金、貸付金、補助金、予算管理など、多岐に渡ります。
 私は、主に、各部署から提出された出金伝票を、請求書などの証憑と突き合わせて確認する審査業務と、寮費など勘定科目ごとの収支の管理を行っています。
 適切な会計処理を行うために、どの業務にも複数名で取り組んでいますので、課員同士でこまめに情報を共有したり、助け合ったりする環境が整っています。

今の仕事のやりがいは何ですか?

 経理課には、毎日のように、各部署から会計処理に関する質問や相談が寄せられます。
 相談を頂いた際は、各部署の実情を伺い、会計上のルールと照らし合わせて、どのように処理するのが最も適切か、課内で協議しながら判断していきます。専門的知識が求められる仕事に難しさも感じますが、会計の面から全部署の取組みをサポートできることに、やりがいを感じています。
 また、お金の流れから、学院の動きを俯瞰することが出来るのも、経理課の仕事の醍醐味だと思います。お金によって、学院の今を知り、未来を予測する。知れば知るほど、奥が深い仕事です。

今後どのようなキャリアを築いていきたいですか?

 私は、経験から学びを得て、それを次の仕事に生かせるような人でありたいと思っています。
 仕事をただの処理で終わらせてしまえば、そこから得られるものは何もありません。どの部署に配属されたとしても、大切なのは、この仕事を通して誰に何を届けたいか、より良い学院にしていくために自分に何ができるかを、真剣に考えることだと思います。そうして考えたことを行動に移し、行動の結果から学び、次に繋げることが、確かなキャリアを作っていくのだと思います。
 楽しかったこと、上手くいかなかったこと、すべての経験を糧にして、今後の仕事に生かせるように、目の前の仕事1つ1つを大切に積み重ねていきたいです。

皆さんへのメッセージ

 このメッセージをご覧になっているあなたは、自分がどう生きていきたいか、そのためにどう働いていきたいかを、考えている最中だと思います。答えのない問いに向き合うことは、時に困難を伴いますが、どうか考えることをやめないで下さい。仕事のための人生ではなく、人生のための仕事です。自分の人生をどのように描いていきたいか、よく考えてみて下さい。
 私は、社会の下支えになれるような仕事をしたいと考え、本学を受験しました。社会を作っているのは、終局的には人です。そのため、人々を育て、世に送り出す教育機関の社会的意義は、非常に大きいと思います。そのような場で働けることを、私は幸せに思っています。
 あなたは、職員の仕事を通して、人や社会とどう関わっていきたいですか。あなたが、自分らしい答えを見つけられることを、切に願っています。近い将来、同僚として、ぜひ西南学院でお会いしましょう。

一覧へもどる

職員インタビュー写真1

職員インタビュー写真2