ごあいさつ

学長 G.W.バークレー

西南学院大学は前身となる旧制高等学部が1921(大正10)年に開設され、1949(昭和24)年に新制大学としての歴史を歩み出しました。本学では、創設者の遺訓である「西南よ、キリストに忠実なれ(Seinan,Be True to Christ)」を建学の精神とし、キリスト教主義に基づく教育を基盤として、世界に貢献する人材の育成に努めてまいりました。これもひとえに、皆様のご理解とご支援の賜物と感謝申し上げます。

さて、本学では学院創立100周年を機に様々な計画を実行しているところです。それらの取り組みの一つとして、是非皆様にも「サポーター」として、大学の教育・研究活動及び学生の学びや課外活動をお支えいただければと思い、2018(平成30)年4月から「西南学院大学サポーターズ募金」を創設いたしました。

この募金においては、「大学給付奨学金」「教育・研究活動支援」「スポーツ・文化活動支援」「グローバル人材育成支援」「ボランティア活動支援」という5つの項目から皆様のご希望の使途を選択し、お気持ちに沿った支援が出来るようになっております。厳しい経済環境の折、大変恐縮ではございますが、学生の活動に対しご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

学長 G.W.バークレー

ページの先頭へもどる